忍者ブログ
Cloudy――朝焼けの空
こんにちは。此処はKの運営するブログです。ポケモン系なりきりチャット「カフェパーティ」を知らない方、なりちゃ成分に抵抗がある方はブラウザバックを推奨します。

[200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トライデント医務室にて

とある事情でトライデントに乗り込んだ時のルバート、ケルドのお話。












「乗組員の治療、お疲れ様だ。…もう自室で休んでくれていい。後は部下を送ろう」
「ん、わかったサンキュ」
パーレイスは踵を返すと、医務室を後にした。
多くの患者が眠っている中で、一人だけ隔離された部屋に寝かされている者がいた。
ルバートは手を消毒し、その部屋へと入る。
ICUと呼ばれるこの部屋は生命の危機にある患者のための部屋だ。
包帯でぐるぐるに巻かれ、身体に刺さる点滴の数は実に7本。
輸血、栄養剤等が彼の身体の回りに浮かぶ。
「ケルド…か」
ピッ…ピッ…と心電図が脈を打つ。通常のガブリアスの鼓動とは似ても似つかない小さな鼓動だ。
「普通マシンガンの弾丸を25発も体中に受けて生きてられるほうが不思議だっての」
そう、彼は一応生きている。
「兵士はもう無理だがな…」
脊髄が折れているのだ。
兵士どころではない。通常の獰猛なガブリアスにだって戻れない。
下半身は麻痺し、動かすことすらできやしない。
車椅子でなんとか移動し、メシを食うときは誰かの協力を得なくてはならないだろう。
そんなガブリアスを船に残すわけには行かない。
「だがな、ケルド…お前は望んだよな。兵士として復帰出来なければ、死んでもいいと」
ルバートは浮遊するベッドの取っ手を掴むと、引っ張った。軽くそれは移動し、輸送することが出来た。
「この一週間で目覚めなければ、無理矢理俺が貴様を目覚めさせる。驚くかもしれないが、我慢しろよ。」
医務室の前にあるコンピュータに向き合うと、ルバートはケルドと共に元の世界へと転送した。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前

タイトル

メールアドレス

URL

パスワード

コメントVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

文字色


<休息を経て  Home  泣き疲れて(20101101)>

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/09 江梨子]
[05/09 洋子]
[05/09 曜子]
[05/08 美香]
[05/08 亜弥]
プロフィール
HN:
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1990/04/05
職業:
大学生
趣味:
野球・ポケモン
自己紹介:
Kです。
いろいろ生真面目な事を書くと疲れると思うんで、箇条書きでいいですか?いいですよね。

・野球とポケモンが好きです。
・野球はキャッチャーやってました。ミットを持つと人間が変わるとよく言われます(笑
・ポケモンはラプラス、バクフーン、ラティオス辺りが好み。
・すごくカッコイイかすごくカワイイが好き(笑
・カフェパのプロフナンバーは4。
・芸能人の三浦春馬と全く同じ日に生まれる。雲泥の年収差があってちょっと泣ける←
・音楽も好きです。
・好きなバンドはBIGMAMAとBUMP OF CHICKEN。
・他にも色々ありますが、一番好きなのはこの2つ。


こんなやつです。仲良くしてやってください。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

TemplateDesign by 比呂有希|ススメ::342blog