忍者ブログ
Cloudy――朝焼けの空
こんにちは。此処はKの運営するブログです。ポケモン系なりきりチャット「カフェパーティ」を知らない方、なりちゃ成分に抵抗がある方はブラウザバックを推奨します。

[123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SS、国境を越えて

国境は空から見えるのか?と彼に問われた。
空から見た俺達の世界は、暗闇の世界だ。粉雪が舞い、肌が裂けそうなくらい寒い風の中を飛ぶ。
人工的な光は無く、遠くに見えるデンリュウの尾の光だけが俺達の行く道を照らし出している。
「彼は、この暗闇を見たことがあるのだろうか」
「……本人に確認をすれば良いじゃない」
背中の彼女が呟いた。その声に抑揚はない。
あのような言葉を残し立ち去った彼を見て気に病まないわけがないのだ。
「彼は、レシフィールより年上だろう」
「えぇ、そうね……もしも彼が私達の仲間なら、優秀な士官になれるわ」
「そして、この時期までに命との向き合い方を固めてしまうのだろうな」
レシフィールの手が、そっと俺の首筋を撫でた。
掌の感覚が、彼女が今生きている事を俺に感じさせてくれる。
「命を受け止めるか、それから目を逸らすか……ね?」
あぁ。俺は肯定してみせた。
俺達は誰かを殺し、誰かを助けられない葛藤と向き合って生きる戦士なのだ。
命の値は重すぎる。それが味方であれ、敵であれ、奪うのは容易な事ではないのだ。
だから俺達は割り切るのだ。命は軽く、失われるべき物なのだと。それは、いつか来るべき寿命だったのだと。生き物はいつか死ぬのだと。そう思い続け、自分の気持ちを殺し続ける。それがやがて、俺達の強さになっていく。
「そのような教育を受けてきたのは、お前達だけだ」
彼は、違う。
その世界では、満足過ぎる程に腹を満たし、夜の闇を切り裂いて光を生み出しては自分の要求を満たすために使われる。自己を表現する事は容易であり、自由であることを選択出来た。
『人は人らしく、ポケモンはポケモンらしい死に方』が棺に納められ、大地に還る事なのだ。
そもそも俺達とは違う世界での出来事。
そんな世界で、彼は兵士になった。
そして悩み続けている。
「私はね、彼らの世界の兵士は弱いと思うの」
レシフィールが言う。
「人間として、ポケモンとして、彼等は十分に魅力的な存在だもの。……兵士としてじゃなく、人間として生きるべきなのよ。彼は兵士としては弱いけど、人間としてならとても強い人だから」
彼女なりの考えなのだろう。
「じゃぁ、俺達のような強い兵士はどうすればいい?」
くくっ、と牙を見せて笑った。

「そもそもロクな人間やポケモンじゃないわよ。彼等にとって、私達は……ね」

拍手[1回]

PR

Comment

お名前

タイトル

メールアドレス

URL

パスワード

コメントVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

文字色


<分かってるんだ  Home  444>

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/09 江梨子]
[05/09 洋子]
[05/09 曜子]
[05/08 美香]
[05/08 亜弥]
プロフィール
HN:
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1990/04/05
職業:
大学生
趣味:
野球・ポケモン
自己紹介:
Kです。
いろいろ生真面目な事を書くと疲れると思うんで、箇条書きでいいですか?いいですよね。

・野球とポケモンが好きです。
・野球はキャッチャーやってました。ミットを持つと人間が変わるとよく言われます(笑
・ポケモンはラプラス、バクフーン、ラティオス辺りが好み。
・すごくカッコイイかすごくカワイイが好き(笑
・カフェパのプロフナンバーは4。
・芸能人の三浦春馬と全く同じ日に生まれる。雲泥の年収差があってちょっと泣ける←
・音楽も好きです。
・好きなバンドはBIGMAMAとBUMP OF CHICKEN。
・他にも色々ありますが、一番好きなのはこの2つ。


こんなやつです。仲良くしてやってください。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

TemplateDesign by 比呂有希|ススメ::342blog